会社情報

代表挨拶

株式会社ファインディバイスは、豊富な経験の蓄積によるノウハウと最先端の技術を基盤とする「システム提案型レーザ加工機メーカー」です。1996年の創業以来、常にマーケットオリエンテッドの夢と理想を掲げ、試行錯誤の中から構築した独自のコアテクノロジーを駆使して多くのレーザ加工装置を開発し、これまでに多くの企業様にご愛用いただいています。

当社は、単に装置を販売するだけではなく、お客様の製品開発・試作段階から量産までのあらゆる段階で抱える問題を一緒に解決するコンサルティング、ニーズに対して最適なシステムを提案するソリューション、それらを総合して装置の企画・設計から製造・稼動を実現するまでをトータルパッケージで担えることが強みであり、「常に一つ先を見据える」ことで、お客様の真のニーズに応えることを目標としています。

今後は、よりグローバルな視点を持ち、積極的な海外展開も視野に入れながら、よりお客様に満足いただける製品を提供することで世界ナンバーワンのシステム提案型レーザ加工機メーカーを目指します。

これからも、より豊かな社会の実現の一助となれる企業を目指し、たゆまぬ努力を続けてまいりますので、今後とも一層のご支援とご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 高見澤 守


ビジョン

ビジョン

豊富な経験の蓄積によるノウハウと
最先端技術を基盤として、
レーザー加工機の世界的
リーディングカンパニーをめざします

ファインディバイスは、日本の製造業の活性化を図っていくために、独自のコア技術を駆使しマーケットインの発想でお客様の要望に応えていく、システム提案型企業です。 私たちは、レーザのスペシャリストとして レーザ加工機の世界的リーディングカンパニーをめざします。

概要

設立1996年3月8日
事業内容
  1. レーザ関連製品の設計、製造、販売
  2. ナノオーダー関連製品の設計、製造、販売
  3. その他精密機械の設計、製造、販売
資本金60,000,000 円 (2012年3月8日現在)
役員代表取締役社長   高見澤 守
常務取締役     藤田 幸雄
取締役       高橋 欣吾
取締役       西田 勝憲
取締役       島田 裕史
監査役(非常勤)  小林 慎一
主要株主高見澤 守、藤田 幸雄、ほくほくキャピタル㈱、伯東㈱
所在地
[ 東京本部 ]
〒140-0011 東京都品川区東大井五丁目12番10号 大井朝陽ビル2階
TEL: 03-6433-2958(代表) FAX: 03-6433-2968

[ 本社 ]
〒918-8237 福井県福井市和田東一丁目1701番地
TEL: 0776-58-3500(代表) FAX: 0776-58-3550

沿革

1996年3月株式会社ファインディバイス設立

7月液晶基板ハンドリングロボット製作受託
1997年3月ディバイス組立装置設計

9月TABレーザ加工システムの設計製作受託 レーザ関連事業に本格参入
1998年4月FPCレーザ加工システムの設計製作受託

7月レーザ基板(パターン)カットに関する情報入手自社開発スタート
1999年12月
はんだ付け装置の国際的メーカー㈱ジャパンユニックスと開発業務提携
レーザはんだ付け装置開発
2001年6月マイクロリレーモールド自動組立ライン設計製作受託

7月東京事業所開設(同年12月より本格稼働開始)

10月光コネクタ検査装置開発受託
2002年
2月新事業創出促進法認定(福井県企業における第1号認定)取得

4月中小企業創造活動促進法認定

7月福井県事業可能性評価委員会「A」評価獲得
2003年
6月福井県科学技術顕彰「奨励賞」受賞(レーザ樹脂溶着機)

10月中小企業創造活動促進法認定(通算2回目)
2004年
4月Gentex社(米国)との販売代理店契約締結

9月
地域新生コンソシアム研究開発事業受託
2005年
9月「レーザ式はんだ付け方法及び装置」の特許取得
2006年
11月業況拡大により本社生産本部を福井市に移転
東京本部を茅場町に移転
2007年
1月第36回インターネプコン・ジャパン展示会出展

11月5th China International Exhibition on Engineering Plastics Industry 展示会出展(中国上海市)
2008年
1月第37回インターネプコン・ジャパン内
第1回レーザ&オプティクス2008展示会出展
2012年
4月レーザ加工技術展出展
6月「レンズユニットおよびその製造方法」の特許取得
医療機器開発・製造展MEDIX出展

9月N-PLUSプラスチック高機能化技術展出展

10月東京本部を大井町に移転
2014年
9月中小企業ものづくり革新事業補助金採択
11月「固体高分子形燃料電池用ガス拡散層要素、
固体高分子形燃料電池およびその製造方法」の特許取得
2016年4月第5回高機能プラスチック展出展
2017年4月第1回接着・接合EXPO出展

コア技術

わが社のコア技術は、レーザ加工技術・移動技術・光学技術の3つがあります。

レーザ加工技術
レーザの特性を生かし、微細な物質を安全・確実かつファインに加工する技術
●簡単に溶かす
●精密に切る
●改質する
●高速に穴を開ける

わが社のコア技術は、レーザ加工技術・移動技術・光学技術の3つがあります。
光学技術
●微細な対象をセンシングする
●光を工夫する

移動技術
加工対象物を
●瞬時に移動する
●正確に移動する

  1. レーザ加工技術としては、溶かす・切る・改質・穴開けの4つがあります。
  2. 移動技術は、モノを 高速に動かす・一定速度で動かすことから、ナノオーダの非常に細かく目に見えないほど微細に動かすことまで精密な対応をする技術です。
  3. 光学技術は、一つは加工対象物を正確に捉えるセンシング技術ともう一つは、レーザという光をいかに工夫するかという技術の二つの面があります。

これら3つのコア技術それぞれを高いレベルで融合させ、お客様が満足するシステムを提案・提供しています。

移動技術
高精度の加工を移動技術(リニアモーション技術)がささえています。
エアベアリングを使用することでナノオーダの位置決めも可能となります。
(ナノオーダ:100万分の1ミリのオーダ)

回転テーブル+ビーム直動

回転テーブル+ビーム直動

  • 駆動軸数が少なく、低コスト。小型化に向いている。
  • ワークの取り付けが 容易で量産に向いている。

ガントリー型

ガントリー型

  • シンプルな動作のためプログラム入力が簡単。
  • 容易に自動化できる。

門型

門型

  • シンプルな動作のためプログラム入力が簡単。
  • 速度安定性で有利。

カルバノスキャン型

カルバノスキャン型

  • 軸ストロークが小さく、小型化に向いている。
  • ワークの交換が容易で自動化に向いている。


__________________________________________________________________________________________________________________